鼻をかんでいる女性とマスクをかける女性
  • ホーム
  • インフルエンザの予防接種は本当に効果が高いのか

インフルエンザの予防接種は本当に効果が高いのか

鼻をかんでいる女性

インフルエンザの予防接種をしても、万全ではありません。効果がない場合もあります。それは、インフルエンザにはさまざまな型があるからです。
あらかじめ流行しそうな型を予想し、その型への抗体をつくっておいて、感染を防いだり、または感染した場合にすぐ治癒できるようにすることを目的として予防接種はなされます。
しかし、流行の予想はしばしば外れます。予想を的中させることはもともと困難であるとも言えます。予防接種をして抗体をつくって備えておいても、違う型のウィルスに感染したら、予防接種をしていない場合と同様になります。
予防接種で副作用が出ることもありますので、予防接種の有効性には議論があるところです。
インフルエンザウィルスは突然変異しやすいので、流行する型を予想するのが難しいだけでなく、ウィルスの構造を予想すること自体、困難です。
いつ、どのような構造に変化するか予測がつきませんし、毎年微妙に変化し続けているからです。同じ年でも、地域によってウィルスの構造が違う可能性もあります。
ランダムともいえる変化を事前にとらえ、予測して抗体をつくっておくなど、普通に考えたら無理なことです。
予防接種をするより、自己免疫力をアップさせておくことのほうが大事だとする考え方もあります。免疫力は、平熱が高いほど強いと言えます。平熱が35度台というのはかなり好ましくない状況なので、筋肉をつけるなどして、体温を上げておくことが望まれます。
インフルエンザに感染すると、高熱が出るのは、それによって免疫細胞を活性化し、ウィルスを効率的に死滅させるためです。予防接種で抗体をつくっておかなくても、感染後に免疫システムがうまく機能できるようにしておけば、自然治癒できます。

人気記事一覧