鼻をかんでいる女性とマスクをかける女性
  • ホーム
  • インフルエンザの予防は手洗いうがいが一番良い?

インフルエンザの予防は手洗いうがいが一番良い?

薬を飲んでいる女性

インフルエンザの予防に、手洗いやうがいは残念ながらあまり効果がありません。鼻やのどの粘膜にインフルエンザウィルスが侵入するのを完全に防げるかというと、それは無理だからです。
それらをしないよりはしたほうが、いい、という程度で、予防策としては万全なものではありません。紅茶による1日2回のうがいなら、インフルエンザウィルスへの感染をある程度防げるとの調査結果もありますが、他の方法でのうがいや手洗いについては、よくわかっていません。
インフルエンザを予防する最善の策は、人混みを避けることです。流行シーズンに誰とも接触せずにいられれば、感染することはありません。どんなに体力があっても、予防接種をしていても、感染者のそばに行けば感染はまず避けられません。
ただ、学級閉鎖になるような事態になっても、全員が感染するわけではありません。そこで感染しない子がなぜ感染を防げているのかということがわかれば、人混みを避ける以外の予防策がわかるようになるでしょう。
インフルエンザは空気感染しますので、インフルエンザウィルスがいそうな空気にさらされる頻度を減らすことが予防になります。流行時期に不要の外出を控え、室内に入り込んだウィルスを死滅させるため、湿度を上げることが大事です。
インフルエンザウィルスは乾燥に非常に弱いので、加湿器などを用いると効果的です。部屋を暖房し、室内の温度を上げるとそれだけで湿度は下がります。そのため、部屋を暖めるのと同時に加湿することが非常に大事となります。
インフルエンザウィルスは服にも付いて、室内に持ち込まれますので、手洗いだけでは落としきれません。加湿によって死滅させる必要があります。
 

人気記事一覧